運営体制と資産保護

iDeCoの運営には多くの金融機関や組織が関わり、 役割分担をしながらサービスを提供しています。 万が一、LINE証券が破綻した場合でもお客様の運用資産は保護される仕組みとなっていますので、安心して老後に向けた資産運用を行なって頂くことができます。

「LINEのiDeCo」
の運営体制について

「LINEのiDeCo」は、業界最大手である野村證券と共同でサービスを提供しています。 当社iDeCoサービスの運営体制を図でご説明します。

LINEのiDecoの運営体制についての図
  • LINE証券株式会社

    お客様の窓口となり加入の申込受付や情報提供などを行なっています。

  • 野村證券株式会社

    運用商品の選定提示および情報提供など制度全般の運営を行なっています。

  • 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー(JIS&T)株式会社

    加入者情報の記録管理と運用指図の取り纏めを行なっています。

  • 国民年金基金連合会

    加入資格の確認や拠出限度額の管理などを行なっています。

  • 事務委託先金融機関

    運用資産の管理などを行なっています。

iDeCoで
運用されている
資産の保護について

iDeCoは老後にむけた資金を長期に渡って運用する制度であるため、運営する金融機関に将来万が一のことがあった場合に自身の運用資産がどうなるのか、心配になられる方もいらっしゃるかと思います。

ですが、ご安心ください。お客様の運用資産は、iDeCoのサービスを提供するいずれの企業に万が一のことがあっても、保護される仕組みとなっています。

  • ・運用商品を提供する金融機関が破綻した場合、投資信託で運用している資産は、資産を管理している信託銀行において分別して管理・保全されているため、その全額が保護されます。

  • ・運用商品を提供する金融機関が破綻した場合、定期預金で運用している資産は、預金保険制度の対象となります。そのため、1つの金融機関について元本1,000万円までと、その利息が保護されます。なお、iDeCo以外でも同一の金融機関において預貯金を保有されている場合は、合算した金額が保護対象となります。

  • ・運営管理機関が破綻した場合は、新しい運営管理機関に変更して頂くことにはなりますが、運用資産に影響はありません。

このように、いずれの企業に万が一のことがあっても、保護されるようになっているため、安心して「LINEのiDeCo」で将来に向けた資産運用を行なって頂けます。

  • Twitter
  • LINE

コンテンツ

  • 投資情報

    投資に役立つオリジナル情報などを発信中。

  • 公式ブログ

    LINE証券の新機能やサービスをご紹介。

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。

金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。

上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。

お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。

金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

ⓒ LINE Securities Corporation