指定運用方法について

指定運用方法とは、運用商品の選択・掛金配分の設定をしないまま一定期間が経過した場合に、自動的に運用を開始する商品のことです。指定運用方法から他の商品への変更はいつでも可能です。

掛金配分の設定をしなかった場合指定運用方法の流れ

「LINEのiDeCo」では、加入後に掛金配分の設定がされないまま、初回の掛金拠出がされてから3ヶ月が経過すると、JIS&T社(運用資産の記録管理を行う機関)から「特定期間経過のお知らせ」が郵送で届きます。

その後も掛金配分の設定がされないまま31日間が経過した場合に、指定運用方法での運用が開始されます。

  • LINEのiDeCo加入完了

    掛金配分の設定をせず
    初回の掛金拠出から3ヶ月経過

  • JIS&T社から郵送で 「特定期間経過のお知らせ」が届く

    掛金配分の設定をせずさらに31日経過

  • 指定運用方法での運用が始まる

「LINEのiDeCo」における指定運用方法

「LINEのiDeCo」では、お客様の生年月日に応じて、以下の商品を指定運用方法としています。

選定理由

お客様のリタイアメント時期をゴールとして、運用会社が株式への投資比率を徐々に引き下げて安定的な運用に切り替えていくバランス型の投資信託であることから、iDeCoという制度に合致した商品性と考え選定をしました。選定にあたっては、運用管理費用の水準や運用会社の運用体制・経営基盤なども総合的に勘案しています。

  • Twitter
  • LINE

コンテンツ

  • 投資情報

    投資に役立つオリジナル情報などを発信中。

  • 公式ブログ

    LINE証券の新機能やサービスをご紹介。

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。

金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。

上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。

お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。

金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

ⓒ LINE Securities Corporation